高齢者が熱中症になりやすいのは?水分補給とエアコンはどうする?

netu1

毎年、夏になると、熱中症のニュースが連日報道されますね。

その中で、熱中症で亡くなったというニュースでは、70代から90代位のお年寄りが大半ですね。

なぜこんなに高齢者が熱中症になるのか、熱中症予防にはどうしたらいいのか、お伝えしています。

参考にしてみてください。

スポンサードリンク

高齢者が熱中症になりやすいのはなぜ?

高齢者が熱中症になりやすい原因は以下が考えられます。

1、汗をかきづらくなり、体温を下げる能力が低下する

家にもおばあちゃんがいるのですが、夏の暑い時期でも、あまり汗をかきませんね。

また、以前はお風呂が大好きでしたが、最近は、入浴するのに体を動かすことが億劫のようで、入りたがりません。

そうすると、皮脂が体の表面をおおい、ますます汗が出にくくなります。

2、あまり水分を摂らない

喉が渇くということをあまり感じなくなるようです。

水分の補給を任せておくと、水分を摂ることを忘れ脱水症状になってしまいます。

脱水状態で体調が悪くても、歳のせいだと軽く考えてしまい気づくのも遅れがちです。

また、夜間にトイレに起きるのが嫌で、水分を摂るのを意識的に避けてしまうこともあります。

3、腎臓の働きも弱っているので、体内に水分を貯めておけない

脱水症状になると、尿が濃くなって水分を体の外に出さないようにするが、それができず、水分が体外に出て行ってしまいます。

スポンサードリンク

熱中症対策のため高齢者には水分補給を

以上のように、高齢者は水分がどんどん失われてしまうので、水分をしっかりと補給することが大事です。

真水でいいので、工夫していつでも水分を摂れるようにしましょう。

家のおばあちゃんは、お茶はあまり飲まず、お水をよく飲むので助かっています。

朝起きがけに1杯。

10時のおやつに1杯。

昼食に1杯。

3時のおやつに1杯。

夕食に1杯。

寝る前に1杯。

このくらい飲んでいます。

工夫としては、いつもテーブルの上にコップに水を入れて、いつでも飲めるようにしている。

薬を1日3回飲むので、その時、多めの水で飲むように促す。

  • 水をあまり飲まれない方は、シャーベットにしてみたり、ゼリーにしてみたり、好きな汁物を薄味で作ってあげたりして、水分を摂らせたらどうでしょう。

熱中症予防に高齢者にはエアコンを

お年寄りって、寒いのは敏感に感じるのに、暑さはあまり感じないようです。

猛暑なのに、エアコンをつけてあげると、寒いしもったいないから切ってくれと言われるし、難しいですね。

外の温度が30度程度なら、窓を開けて、扇風機でもまだ大丈夫だと思いますが、この頃の猛暑では、エアコンがないと、お年寄りは心配ですね。

でもお年寄りって、本人に風が当たらないようにして、28度設定くらいでつけておけば、案外気づかず過ごしていたりします。

エアコンをつけているのに気づかれないようにしてそっと、室内を冷やしておくのがいいと思います。

まとめ

高齢者の熱中症についていかががったでしょうか。

お年寄りにとっては、エアコンは贅沢品だという意識があります。

エアコンに頼っているという意識を持たせないようにして、賢く高齢者の熱中症対策をしていきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP