爪が割れる原因は?強くする栄養とその他の方法はあるの?

tume1

このところ、なんか爪が割れやすくなっている気がします。

ちょっと重いものを持ったりして、爪に負荷がかかると先のほうが少し横に裂けます。

引っかかると裂け方がひどくなって痛いし、家事もしづらくなるしで悩み中です。

もしかしたら栄養不足?と心配になり、調べてみました。

スポンサードリンク

爪が割れる原因はなんでしょう?

爪が割れる原因は、外的要因と内的要因があります。

外的要因は、外から強い衝撃がかかり割れてしまったということで、指を扉に詰めてしまったとか、事故にあったとかということが原因です。

この場合は、爪が弱くなっているわけではないので、怪我がひどい場合は外科で見てもらい、それほどでなければ、消毒してバンドエイドやガーゼなどで固定しておきましょう。

爪自体が弱くなっていてちょっとした刺激で割れてしまう内的要因には次のようなものがあります。

  • 加齢によるもの・・・若い頃はツヤツヤでピンクの強い爪だったのが、加齢により弱くなっていくものです。40,50代頃から、感じる方が多いようです。
  • 栄養の偏り・・・爪を強くする栄養素が十分取れていないことによるものです。
  • 冷え性などの血行不良・・・冷え性などで、指先まで血液が行かず栄養も運ばれずに爪が弱くなっていきます。
  • 乾燥・・・洗剤や除光液などで爪が乾燥しやすくなり、割れやすくなります。
  • 内臓疾患・・・急激に爪が弱くなり割れたり裂けたりした場合は、内蔵などの病気の可能性がありますので、早めに内科や皮膚科を受診しましょう。
スポンサードリンク

爪を強くする栄養はどんなものがあるの?

爪を強くする栄養としては、次のようなものがあります。

栄養素 効果 含まれる食品
タンパク質 爪を構成する主成分。不足すると爪が弱くなる。
必須アミノ酸がまんべんなく取れる良質のたんぱく質をとる必要がある。
アジ、鮭、牛肉、豚肉、鶏肉、大豆製品、卵
鉄分 不足すると貧血になり、爪の成長も悪くなり割れやすくなります。 豚レバー、牛レバー、ひじき、岩のり、サンマ、あさり、大豆
ビタミンA 爪の乾燥を防ぎます。 鶏レバー、豚レバー、うなぎ、人参、モロヘイヤ、かぼちゃ
ビタミンB2 爪の成長を促す。 レバー、うなぎ、牛乳、ヨーグルト、納豆、豆腐
カルシウム 爪を構成する栄養素なので、不足すると爪が弱くなる。 干しエビ、イワシ、モロヘイヤ、大根葉、ヨーグルト、牛乳、チーズ、豆腐
亜鉛 不足すると、爪が成長不良になる。 牡蠣、牛肉、豚レバー、レンズ豆、そら豆、大豆

これらをバランスよく摂ることで爪割れだけでなく、さまざまな爪トラブルを防いでくれます。

食事で栄養を摂ることは基本ですが、爪の健康に良いサプリメントもあるようです。

試してみるのもいいかもしれませんね。

爪を強くする方法は他にもあるの?

栄養不足は、上記の栄養素を中心にバランス良く食べることで改善します。

その他の方法については以下にまとめますね。

  • 冷え性の改善
     お風呂とかマッサージなどの一時的なこと以上に、根本的な原因のホルモンバランスや自律神経の乱れや、筋肉量の低下を改善する必要があります。

    ストレスを解消し、睡眠時間を十分にとり、そして軽い筋トレをして筋肉をつけ、爪の先まで血液がめぐる体にすることが大事です。

  • 乾燥の改善
     洗剤を使うときはゴム手袋で保護したり、ネイルもたまにはoffして爪を休ませましょう。

    冬の乾燥する時期や、お風呂上がりなどには、ハンドクリームやオイルなどを爪にもしっかりつけてあげて保湿しましょう。

  • 病気が疑われる場合
    爪が、病気を知らせてくれたと言えますので、専門の病院でしっかり診てもらいましょう。

まとめ

体全体の不調が、爪にも影響してくるんですね。

体を作るタンパク質や、体の調子を整えるビタミンやミネラルをしっかり摂ることの重要性を再認識しました。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP