犬の熱中症予防にはエアコンは必要?対策グッズと飲み物は?

inu1

最近の夏は、猛暑の時期が多いですよね。

昔は、こんなに暑くなかった気がしますが、これも温暖化が原因なんでしょうか?

人間も暑いですが、ペット、特に犬は暑さにとても弱い動物です。

人間は、体中に汗線があり、暑さを感じると汗をかき、その気化熱で体を冷やすことができます。

ところが、犬は足の裏ぐらいしか汗線はありません。

暑い時は、口を開けてハアハアさせて、体温を下げますが、それも猛暑の中ではほとんど役に立ちません。

うちの子は、室内犬だから大丈夫と思うかもしれませんが、夏の暑い日は風のある屋外より、屋内の方が暑かったりします。

まして小型犬は、愛玩犬として人工的に作られてきたものですから、体力的には大型犬よりありません。

室内でも、油断せずに、暑さ対策をしていきましょう。

スポンサードリンク

犬の熱中症予防にはエアコンは必ず必要?

原発事故から、節電が言われるようになりました。

その影響もあってか、エアコンの使用を控えるお宅も増えているようです。

が、このところの猛暑では、それも限界ではないでしょうか。

命と節電を考えれば、命が大事です。

エアコンの使用は仕方ないと思います。

犬を室内で買っている場合、エアコンは必須といえます。

犬種にもよりますが、洋犬はほとんど、日本のような高温多湿の環境に向く体をしていません。

特に、パグ、シーズー、フレンチブルドッグ、ボストンテリアなどの短頭種と呼ばれる鼻の短い種類の犬や、シェルティー、シェットランドシープドッグ、ポメラニアンなどの被毛が厚い犬種、それに北欧生まれのシベリアンハスキーや、その他黒い毛の子や、幼犬、老犬などは暑さに弱いので、気をつける必要があります。

エアコンの温度は28度から30度、特に暑さに弱い子は26度くらいで、除湿運転にしてあげるといいでしょう。

スポンサードリンク

熱中症にならないために犬の対策グッズあれこれ

エアコン以外の対策グッズとしては、市販のものでは、床に敷くタイプの冷却マットや、大理石、アルミプレートなどがあります。

大理石タイプです。

こちらは、アルミプレートタイプ。

ジェルマットタイプです。

冷却マットは、ナイロンなどで出来ているふわふわとした感触のマット、そして大理石、アルミプレートは固い石とアルミの感触で、好き嫌いが分かれるようです。

冷却マットがよくて、アルミプレートがダメだったり、その反対もあったりと、個々に好き嫌いがあるようです。

ふわふわのベッドで寝るのが好きな子なら冷却マットを試してみたり、冷たいフローリングが気持ちよさそうなら大理石やアルミプレートを試してみたりしてみるといいです。

注意することとしては、噛みぐせのある子には、ジェルパックの入っている冷却マットは使わないほうがいいです。

噛んだ拍子に中身が出てしまって、舐めると危険だったりもするので、気をつけましょう。

その他、食品に使う保冷剤を冷凍庫で冷やして手作りでカバーをかけて下にひいてあげたり、ペットボトルに水を入れて凍らした物にタオルを巻いて枕にしてあげたりとお金をかけずに涼しくしてあげる方法もあります。

大理石についても、ペット用のものは高かったりしますので、ホームセンターなどで購入するのもいい方法です。

熱中症予防の為の犬の対策・飲み物で最適なのは?

人間の熱中症対策には、水をがぶがぶ飲むよりも、ポカリスエットなどのスポーツドリンクがいいと言われますね。

けれど犬の場合は、水が一番いい飲み物です。

いつでも水は切らさないようにしましょう。

人間用のスポーツドリンクは、塩分も糖分も犬には多すぎます。

もし、普通の水を飲むのが少ないようでしたら、犬用の海洋深層水やドリンクもありますので、試してみたらいいと思います。

人間用のものは、飲み物以外でも、糖分や塩分が多すぎるので、与えないようにしましょう

まとめ

犬は、人間以上に暑さに弱い生き物です。

散歩なども、暑い日中は避けて、特にアスファルトの上は足の裏がやけどしてしまうので絶対避けて、朝早くか夕方の日が暮れた頃に行くようにしましょう。

散歩に行きたがらなければ、この時期は休んでもいいでしょう。

食べる量が減ったり、食べなかったり、息が荒かったり、だるそうだったりしたら、すぐに獣医さんのところに連れて行き、看てもらってください。

できるだけ涼しくしてあげて、夏の暑さを乗り切っていきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP