紫外線で目が日焼けするの?病気にもなるの?対策方法は?

me1

この頃どんどん日差しも強くなってきて、気持ちがいいのですが、紫外線が気になりますね。

紫外線の害が言われて久しいので、UVカットの帽子や日傘、上着などで対策されている方も多くなりました。

けれど、サングラスまでかけている方は少ない気がします。

でも、目にも紫外線は良くないんですよね。

こちらでは、紫外線の目に対する影響と、どんな対策をして言ったらいいのかについて、お伝えしています。

参考にしてみて下さいね。

サングラスの選び方についてはこちらも参考にしてください。

サングラスの選び方についてはこちら

スポンサードリンク

紫外線で目が日焼けするってどういうこと?

紫外線を肌に浴びると日焼けして、シミやシワの原因になってしまう。

強い紫外線は、皮膚ガンも引き起こすなど、紫外線の害はよく知られるようになってきました。
美容にも健康にも害になる紫外線に対して、肌へのUVケアは当たり前になってきていますね。

UVカットの帽子や上着、日傘、それに日焼け止めクリームを使って、紫外線対策するのは当然のことになってきました。

けれど、それだけでは紫外線対策には不十分なのです。

それは、「目の日焼け」への対策。

肌だけでなく、目も日焼けをするんです。

目が日焼けをすることによって引き起こされるトラブルは大きく分けて2つあります。

  • 1つは、目に対しての直接的なトラブルです。

    目の日焼けによって、角膜が炎症したり、様々な目の病気を引き起こしたりします。

  • もう1つのトラブルは、目に紫外線が当たると、肌のメラニン生産量が増えて肌が黒くなることです。

    つまり、肌に対してUVケアしていても、目に紫外線が当たると肌が日焼けしてしまうということです。

    せっかくのUVケアが水の泡になってしまうということです。

    怖いですねー。

スポンサードリンク

紫外線による目の病気って?

紫外線の目に対しての直接的なトラブルですが、様々なものがあります。

まずは、角膜の炎症。

角膜の炎症で目が充血したり、眩しくて目が開けられなくなったり、涙が止まらなくなったり、目が乾燥したりします。

その他の、紫外線が原因と考えられる病気は、

翼状片(よくじょうへん) ・・・白目の組織細胞が異常繁殖して黒目に食い込む。

白内障(はくないしょう) ・・・水晶体が濁る病気。

雪眼炎(せつがんえん)・・・強い紫外線に当たって6~24時間後、強烈な激痛が起き、まぶしさや涙が流れるなどの症状が出て、目が開けられなくなる。

瞼裂斑(けんれつはん) ・・・白目の上にできる黄色い斑点や隆起。

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい) ・・・網膜の中心部の黄斑がいろいろな異状をきたす加齢が原因の病気。紫外線を長時間目に浴び続けた人が発症することが多い。

などがあります。

せっかくのUVケアが水の泡になるのも嫌ですし、目の病気も怖いですね。

目に対する紫外線対策ってどういうものがあるのでしょうか?

紫外線から目を守る対策は?

目に対する紫外線対策について、まとめますね。

  • サングラス

    確かに、サングラスが有効なのですが、どんなサングラスがいいかわかっていないと返って目に悪影響を与えてしまうことがあります。

    目の紫外線対策で有効なサングラスですが、UV加工がしてあって、色の薄いものがいいです。

  • ツバ付きの帽子をかぶる。

    肌のUV対策と一緒ですが、目にも陽の光が当たらないようにしましょう。

  • なるべく日陰に入る

    外に出ている時は、なるべく建物の影や木陰を探して入るようにしましょう。

  • 朝、夕の時間帯を意識する

    日中は、紫外線自体の量は多いのですが、太陽が高いので目に紫外線は入りにくいです。

    けれど、朝夕は紫外線が目に入りやすいので、サングラスと帽子など、紫外線対策を徹底させましょう。

  • 目の紫外線対策にいい栄養素を取る

    目にはいってくる紫外線をブロックする作用のあるルテインを食事(緑黄色野菜のほうれん草や果物のグレープフルーツなどに多い)やサプリメントで摂りましょう。

まとめ

紫外線対策は、肌に対してだけではなく、目に対してもしていかなければならないことがわかりましたね。

これから、どんどん紫外線が強くなってきます。

しっかり目にも肌にもUV対策していきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP