母の日のプレゼントで洋服を贈ろう!50代では?パーソナルカラーも

hahanohi2

5月の第2日曜日は母の日ですね。

母の日に、お花じゃなくてずっと使えるもの、例えばお母さんに似合う洋服を贈りたいですね。

でも洋服って好みがあるし、はずしたらタンスの肥やしになっちゃうしという事で、贈りづらいですね。

どうしたらお母さんに似合って、気に入ってもらう服を選べるのか、色々考えていきます。

参考にしてみてください。

母の日のプレゼントの人気ランキングなど知りたい方はこちらも参考にしてください。

母の日のプレゼントで人気なのはのページへ

スポンサードリンク

母の日のプレゼントで洋服を贈るなら

これからの季節なので、初夏に着る涼しげなブラウスやカットソー、サマーニットのカーディガンなどがいいですね。

ちょっとしたお出かけや旅行の時に着ていく服を選ぶつもりで考えるといいでしょう。

どんな色味や形が好きかは、実家のお母さんの場合は、お出かけする時などにどんな服を着ていくのか分かっていれば、案外簡単にわかりますよね。

一人で選んで贈るのも、どんなものを贈ってくれたのかワクワクして包装紙を開けてくれるので、いいですね。

近くに住んでいるなら、一緒にデパートなどに行って選ぶのも楽しいでしょう。

困るのが、お義母さんですよね。

同居しているのなら何となく好みもわかってきますが、別居していたり新婚の場合は好みもわからず、難しいですよね。

推測するしかないですが、会った時に着ていた服の色、素材、形などから決めてみてもいいでしょう。

または、旦那さんからお母さんの好みを聞くのもいいです。

けれど、自信のない場合は、ルームウエアーやパジャマ、エプロンなどにプレゼントを変えてみるのもいいでしょう。

通販などで見つけるのもいいですし、実際に見たい場合はデパートなどで選ぶのがいいでしょう。

スポンサードリンク

母の日に洋服を贈りたい・50代ならこちら

今現在、楽天さんで人気の50代のトップスはこちらになります。

色柄も豊富なようですし、お母さんには何色が似合うのかなど参考にしてみてください。

こういった、カーディガンとブラウスのセットもいいですね。

シックなプルオーバーもいいですね。

パーソナルカラーで決める夏の洋服

お母さんの洋服を選ぶ場合、本人の好みが1番なのですが、ちょっと違ったところからの提案もしてみますね。

パーソナルカラーという本人に1番に合う色を選ぶ方法です。

肌、髪、瞳の色から4つのタイプに分かれます。

スプリング

明るいブラウンの髪と瞳、明るい肌の色で実年齢より若く見えるキュートな人。

春の花畑のような、淡くて明るい黄色みがかった色が似合います。

パステルカラーの黄色やオレンジ、サーモンピンクなどが似合います。

サマー

落ち着いたグレーの瞳にグレイッシュな髪。薄くて繊細な肌。

日焼けしづらくすぐ赤くなってしまう敏感な肌の人。

紫陽花のようなラベンダー系が似合います。

パステルカラーでも、青みがかった色の方が似合います。

エレガントな感じの組み合わせがいいです

オータム

深いブラウンの瞳とたっぷりなブラウンの髪。小麦色の肌の人。

秋の果物のような、濃い赤や深い緑、土の色が似合います。

薄い色より、こっくり濃い黄色味の色が似合います。

ゴールドが似合うゴージャスな感じです。

ウインター

真っ黒な髪の毛と、強い目力のある黒い瞳。

陶器のような白くてしっかりした肌の人。

モノトーンや、ショッキングピンクのようなビビットカラーが似合います。

この、4つのタイプに分けられるのですが実際には1つのタイプだけの人はほとんどいないです。

2つから3つの組合せタイプの人が多くその中でどのタイプが強いかで、自分に1番似合うカラーが決まってきます。

洋服を選ぶときの、参考にしてみてください。

まとめ

母の日に洋服を贈りたいときの、私なりの提案をさせていただきました。

もうすぐ母の日。

お母さんの喜ぶ顔を見たいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP