ランドセルの選び方のコツは?サイズの選び方は?購入時期はいつ?

ranndoseru1

年々、ランドセルの購入時期が早くなっていますね。

来年、小学校に御入学されるお子様がいらっしゃる方は、ランドセルの購入に悩まれているのではないでしょうか。

今は、昔のように男の子なら黒、女の子なら赤というように色も決まってもいませんし、サイズもデザインも様々で目移りしてしまいますね。

どんなランドセルを、いつ購入したらよいかなど、お伝えします。

スポンサードリンク

ランドセルの選び方のコツは?

まずは、ランドセルについて情報収集しましょう。

全国の人気のランドセルを知ることも大事ですが、これから通う小学校についてのリサーチが重要です。

小学校の登下校時に行ってみて

  • 色は、男の子なら黒や紺、女の子なら赤やローズピンクなどの色でまとまっているのか、それとも水色やブラウン、オレンジなどの個性的な色も多いのか?
  • 特に女の子ですが、キラキラした刺繍などあるのか?
  • デザインは、オーソドックスにカバン下で止めるタイプがほとんどか、蓋が半かぶせのものもあるのか?
  • 高学年は、ランドセルなのか、リュックに変わっているのか?

 など見てきましょう。

また、保育園や幼稚園、ご近所などに小学校のお兄ちゃん、お姉ちゃんのいるママ友さんがいらっしゃれば、ランドセルで6年通うのが学校の決まりなのか、途中から他のカバンに変えてもいいのかなども聞いてみましょう。

小学校の傾向がわかったら、それも踏まえて本人とどんなランドセルにしたいのか話し合いましょう。

その時、色々なメーカーのパンフレットがあると、ランドセルのイメージがつきやすいので、集めておくといいでしょう。

その他、女の子は大事に扱う子がほとんどなのでそれほど気をつけなくてもいいですが、男の子の場合、乱暴に扱うことが多いので、丈夫である事と、部品など壊れた場合の6年間保証のあるものが安心です。

話し合いで、色や形など大体決まったら、いい時期にランドセルを見に行ってみましょう。

注意

昔は、ランドセルはどこで買っても、色も形もだいたい同じだったので、孫のためにおじいちゃんおばあちゃんが買って持ってきてくれるのが一般的でした。

もしかしたら、ご両親もそのつもりでいるかもしれません。

本人に選ばせたいのでしたら、早めにご両親に連絡して買ってくれる気持ちを確認後、一緒に買いに行ければベストですが、もし無理なら本人に選ばせて後日購入した金額をもらうという形にしたらどうでしょう。

それか、ランドセルは自分たちで買うからということで、ご両親には他のお祝い(現金や机など)をもらうという方法でもいいでしょう。

本人が選んで購入した後、ご両親からもランドセルをいただき、返品してもらうということが結構多いようです。

そうなるとお互い気まずいので、早めの連絡をおすすめします。

スポンサードリンク

ランドセルのサイズの選び方は?

ランドセルのサイズですが、今は教科書や副教材のサイズも大きいので、昔より大きめのものが主流です。

今現在サイズは4つに分かれます。

  • 1,A4教材対応サイズ(横21.5cm×縦29cm前後 )

    A4サイズの教科書がスッポリ入るサイズ。

  • 2.A4クリアファイルサイズ(横対応…横22.5cm×縦30cm前後 )

    A4クリアファイルに横幅を合わせたサイズ。縦は蓋のかぶせるところに少し当たります。

    が、それほど影響はないです。

  • 3.A4クリアファイルサイズ(縦・横対応・・・横22.5cm×縦31cm前後 )

    A4クリアファイルがスッポリ入るサイズ。

  • 4.A4フラットファイルサイズ(横23cm前後×縦31cm前後)

    A4フラットファイルがすっぽり入るサイズです。

一番大きなA4フラットファイルサイズなら、どんな教材でも入って良いような気がします。

けれど、大きなサイズというのは子供にとって結構負担になります。

横幅が広いのも負担になりますが、子供の背中の長さ以上の長さのランドセルだと、お尻のところまでかかってしまいます。

そうすると、肩ベルトが浮いてしまったりしてピタッとしなくなり、実際の重さ以上に重く感じるようです。
ランドセルを選ぶのに色や形以上にサイズというのは重要ですので、最終的に選ぶには、お店まで行って試しに背負って決めるのがいいです。

特に早生まれだったり、小さく生まれて他の子より小さい体の場合は、気をつけてあげましょう。

サイズと一緒に重さも確認して、通学に負担の少ないランドセルを選ぶといいです。

ランドセルの購入時期はいつがいい?

購入するランドセルが受注品でなく、普通にデパートなどで買うのなら、夏休みから9月頃がいいと思います。

その時期だとご両親と一緒に帰省がてら見に行くこともできます。

そして、お店でも新しいモデルが出始めるので、たくさんの色や形があって本当に欲しいものを購入できるでしょう。

受注生産でオリジナルデザインの工房などで買いたい場合は、もっと早く6月くらいから動くといいです。

全国を回って展示会などをするお店もあるので、早めに情報を集めておきましょう。

主な工房系メーカー3社のHPです。

こちらから、資料請求できます。

また、展示会の情報もあります。6月くらいからのようです。

土屋鞄製造所のHP

池田屋カバン店のHP

鞄工房山本のHP

出来るだけ安く、特にこだわりもないという場合は、年が明けて2月頃がいいでしょう。

けれど、人気のメーカーや色やデザインのもの等は、もうあまり残っていません。

そこを踏まえて、それでも良いようでしたら待ってみるのもいいでしょう。

まとめ

本当に欲しいランドセルを購入するには、今から情報収集するのが大事だということがわかりました。

たくさんのパンフレットを見ると、目移りしてしまうかもしれませんが、色や形はもちろん、サイズや重さ、丈夫なのかなど色々検討されるといいでしょう。

長く使うものなので、本人が好きなものを優先してあげると、大事に使ってくれると思います。

気にいったランドセルで楽しく通学して、小学校での良い思い出をたくさん作れるといいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP