雪かきの手順とコツは?筋肉痛にならない方法はあるの?

yukikaki1

暖冬で、雪も少ないと思っていたら、急に大雪ですね!

松本は、普段の年は冬場に2回ほど20cm程度の雪が降ります。

2年前の大雪の時は70cmくらい積もって、大変な思いをしました。

今回は25cmくらいですが暖かいせいか重い雪で、結構大変な雪かきでした。

雪かきって手順に沿って進めたり、コツなど知っていると少し楽にできるようになります。

雪かきについてのコツなどまとめてみましたので、参考にしてみて下さいね。

雪かきの道具についてはこちらも参考にしてみて下さい。

雪かきの道具 おすすめは?

スポンサードリンク
;

雪かきの手順について

朝起きたら、外は雪!

大変!雪かきしなくっちゃ!

とつい慌てて雪かきを始めてしまいがちですが、ちょっと待って。

順番に進めて、事故や怪我のないようにしましょう。

雪かき前の手順

  • まず下見をします。

    特にカーポートや農業用のビニールハウスなど倒壊しそうなものがある場合は、1番に見に行きましょう。

    雪の量や重さなど、雪用スコップなどで確かめましょう。

  • ストレッチをします。

    10分ほどの簡単なストレッチをしておくと、筋肉痛やケガの防止になるので必ずしましょう。

    ストレッチ動画

  • ウェアや手袋は、防水で軽いものを選んで身につけましょう。

    雪かきは結構汗をかくので、下着は吸収の良いものを着て、トレーナーにジーンズなどの動きやすい服装になります。

    その上にレインウェアなら、雪が降っていても濡れずに作業できるのでいいです。

    手袋は、スキー用のものだと厚くて作業しづらく結構手袋自体も傷めてしまうのでもったいないです。

    軍手か下履き手袋という綿の手袋の上に炊事などで使うゴム手袋を重ねると、薄くて濡れず作業しやすいです。

    長靴は、ホームセンターに売っている長めのものでいいです。

    底にしっかり滑り止めのあるタイプを選ぶと、滑りづらいです。

  • 出来たら、お風呂を沸かしておきましょう。

    5~10cm程度の雪だったら必要ないですが、20cm以上の雪の場合は湯船に浸かったほうが疲れや冷えが取れるので作業前に沸かしておきましょう。
  • 雪かきを始めます。

雪かきの手順

  • 急いで出かける家族がいる場合は、車で行く場合も徒歩で行く場合も通路の雪かきから始めましょう。

    でもカーポートやビニールハウスなどの上に15~20cmも積もっていたら、こちらの方が優先です。

    倒壊の恐れもあるので、気をつけて作業しましょう。

    もし複数で作業できるようでしたら、別れて作業するといいでしょう。

  • カーポートやビニールハウスの雪かきは、まず足元の雪かきをしてからはじめましょう。

    足元に雪があると、足を取られて危険です。

  • 通路(場合によっては道路)の雪かきと、カーポートやビニールハウスの雪かきが済んだら、玄関前の雪かきを丁寧にしましょう。
  • 余力があったら、裏口や物置に行く通路なども歩けるだけ開けておくと後々楽です。

    けれども、無理はしないように!

    特に1人での雪かきは、危険も増えますし無理もしがちなので、くれぐれも気をつけてください。

スポンサードリンク

雪かきのコツとは?

1、雪が降って止んですぐか、降っていても20cmを超えるようなら雪かきを始めましょう。

人が何度も歩いて踏みつけられた後や車が通った後では、雪が硬くなってしまって雪かきがとても大変になります。

2、雪を貯めて置く場所を決めておきましょう。

出来れば、日当たりのいい場所に貯めたほうが、太陽光で早く溶けてくれます。

また、ご近所さんの迷惑にならないようにも気をつけましょう。

3、1度にたくさんの雪を片つけようせず、少しずつスコップにとって片付けていきましょう。

4、多めの雪の時は、スコップを縦に使って四角に塊を作り、その後すくうと地面まで雪かきできます。

yukikaki2

yukikaki3

5、玄関なら玄関前からというように、端からかいていくと足跡で雪が硬くならずスムーズにかいていけます。

6、自分の力量を知って、何が何でもすべて地面まできれいにしようなどと考えないようにしましょう。

確かに、地面まできれいに出来れば、翌朝圧雪に悩まされることはありませんが体の方が大事です。

大変になったらママさんダンプ(スノーダンプ)で雪を取り除くだけにしておきましょう

ママさんダンプです。ホームセンターなどに売っています。

雪かきでの筋肉痛を防ぐには?

雪かきって結構な重労働です。

何もケアしないでいると、何日も筋肉痛に悩まされることになります。

スポーツをした時のように、体のケアをしっかりしましょう。

雪かき前

1、普段から、軽い筋トレで鍛えておくのをおすすめします。

2、雪かき前は、たとえ急いでいても、10分程度のストレッチをしておきましょう。

筋肉痛や怪我を予防します。

ストレッチ動画

筋肉痛については、こちらも参考にしてみて下さい。

筋肉痛について

雪かき後の体の管理

1、雪かき後は、結構な労働なので汗びっしょりになります。

そのままでは寒くて体調を崩してしまいますので、下着からすべて着替えましょう

2、暖かい部屋で、ストレッチをします。

先ほどの動画のストレッチでいいです。

3、お風呂に入ります。

体が冷えきっていますので、湯船にゆっくり入って、リラックスしましょう。

マッサージをしながら入ると、筋肉痛に効果的です。

4、時間があれば、少し横になるといいです。

まとめ

雪かきをするにも、コツなど知っておくとずいぶん楽にできますね。

今回、家族は仕事に行ってしまったので1人での雪かきでした。

ちょっと無理して、朝6時から午後1時過ぎまでやってしまって、家に上がった時には腕がものすごく痛くなっていました。

やってる時は夢中で、大丈夫なような気がするんですよね。

それでもストレッチと入浴プラス少しの睡眠で、大した筋肉痛にもならず元気で過ごせています。

雪かきして体を壊したんじゃ元も子もないですから、気をつけて雪かきしていきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP