善光寺の宿坊 兄部坊とは?精進料理の味は?感想も

善光寺の御開帳は終わってしまいましたが、地区の仲間で善光寺のお参りに行ってきました。

旅の目的は、お参りと宿坊で精進料理を頂くこと。

精進料理をきちんと頂いたことがなかったので、とっても楽しみに行ってきました。

善光寺のお参りについてはこちらです。

善光寺へ日帰り観光 戒壇巡りって何?回向柱の場所は今どこ?

スポンサードリンク

善光寺の宿坊 兄部坊(このこんぼう)とはどんな所?

長野が実家の方が宿坊の兄部坊に昼食の予約をしてくれて、精進料理をいただいてきました。

★兄部坊の詳しい情報はこちら【楽天たびノート】

  • 宿坊ってどんな所?

    宿坊とは、お寺などのそばに有り、僧侶や参拝者のために作られた宿泊できる施設です。

    早朝のお朝事(お寺の僧侶が出仕して勤める法要)の参加や戒壇巡りなどへの案内、写経体験、今回のような昼食のみの利用もできるところがあります。

  • 兄部坊とはどんな所?

    宿坊自体初めてでしたが、建物は昔ながらの和風建築で落ち着く感じでした。

    綺麗にお掃除されていました。

    玄関近くのお部屋に案内していただいて、精進料理をいただきました。

    お部屋からは、お庭が見えて、風流な気分になりました。

    御朱印はお寺でもらうものですが、こちらの兄部坊でも頂けます。

    ご祈祷の予約もできますし、入口には様々なお守りも売られていました。

スポンサードリンク

善光寺の宿坊で精進料理を頂きました

兄部坊オリジナルの特別精進料理『無量寿』を頂きました。

一人ずつお膳でいただきました。

  • 最初のお料理

    syoujinn1

     

    うなぎ湯葉           枝豆の冷や汁

           じゃが芋のなます

     かぼちゃ、生麩などの炊き合わせ   胡麻豆腐

  • 次は野菜の寄せ

    syoujinn2

    寒天寄せで、枝豆、パプリカ、長芋などを塩味で寄せています

  • 丸なすのひき肉もどき詰め

    syoujinn3
    丸なすをふっくら煮て、お味はひき肉そっくりのものが詰められ、甘辛いタレがかけられていました

  • お蕎麦

    syoujinn4

    薬味(ネギは香りがきついので、代わりにくるみを刻んだもの、大根おろし、わさび)

      お蕎麦       つゆ

  • 次は、ご飯

    syoujinn5

     

    生姜ごはん(生姜と油揚げの絶妙な味加減)  豆腐とほうれん草の味噌汁

            漬物(大根、きゅうり、生姜)

  • デザート

    syoujinn6
    葛切り(ほんのり甘い)

以上のお料理を、1時間ほどかけてゆっくり頂きました。

善光寺の宿坊の感想

精進料理のコースは初めてでしたが、動物性のものを使ってないので、ボリュームは結構ありましたが、もたれることなく美味しくいただけました。

味が、濃くもなく薄くもない絶妙の加減で、出されたもの全てとても美味しかったです。

私はこってりした本物のうなぎの蒲焼は苦手なのですが、うなぎの蒲焼に似せた「うなぎ湯葉」は、さっぱりしていて味付けもよく美味しくいただきました。

この「うなぎ湯葉」と「生姜ご飯」が、私としては1番美味しかったです。

こういうお料理を毎日頂いていれば、ずっと健康で気持ちよく居られるかもなんて思いました。

まとめ

初めての精進料理のコース体験でしたが、思った以上に美味しく体験できてよかったです。

今回は、日帰りのため昼食のみいただきましたが、時間のあるときには宿坊の宿泊体験もしてみたいなと思いました。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP